2021年度活動

 
 

2021年度も大量入庫


 コロナ禍2年目の2021年度も,新年度から続々と食品寄贈が寄せられています。ご支援ありがとうございます。


 安武子ども食堂では、これらの食材を活用して,コロナ禍でも月2回の子ども弁当と食品配布を行っております。

 

久留米北ロータリークラブさま    新ジャガイモ    120kg

JA全農ふれくんさま                   サニーレタス    30箱

日本アクセスさま                       冷凍焼餃子     540パック

みのう農民組合さま                    キャベツ          73kg

オカフーズさま                          冷凍アジ塩麹焼 400パック 260kg

緑の農園@糸島さま                    つまんでご卵    1,920個

菅原農園@南関さま                    トマト            38kg

㈱キョーワさま                           ナタデココ1号缶 720缶 2.5トン

ゆめマートさま                フードドライブでアラカルト食品  45kg


ブロッコリーとホウレン草畑で収穫


 5月25日久留米市社協から急な連絡で、北野町の農業法人㈱リングランサさまのブロッコリーとホウレン草圃場で収穫・持ち帰りのありがたいお申し出がありました。

 5月15日に例年より3週間も前に梅雨入りしたため、農作業が遅れたようで、明日の大雨で残りの野菜を鋤き込むとのことです。それで、急遽 宮ノ陣子ども食堂、ポレポレ、ウマウ、久留米市社協、それにFBくるめからのボランティア達による収穫が行われました。総勢10数名ほどが集まり、26日午前曇り空で気温も20℃少しの好条件下で収穫を行いました。


 その結果、FBくるめ関係全体で約200kgのブロッコリーと8kgのホウレン草を収穫して、それぞれが持ち帰りました。その日のうちに42kgをFBさがさんにも提供しました。

雪印メグミルク㈱さまからLLミルク大量寄贈


 6月21日(月)雪印メグミルク㈱さまから寄贈された大量のLL牛乳「北海道」を引取、分配、入庫しました。

 あまり馴染みがないですが、LL牛乳とはロングライフ・ミルクのことで、通常の要冷蔵の牛乳は、120~130℃、1~3秒間殺菌しますが、LL 牛乳は130~150℃、1~3秒間で完全滅菌します。光と酸素を通さない紙とアルミ箔の2層構造のパッケージに無菌充填しますので、常温保存可能です。ただし、開封後は通常のミルクと同様に要冷蔵です。

 国内最大生産地の北海道産のミルクは輸送に日数がかかりすぎるため、入荷の高い生乳として流通されず、大半はチーズ、クリーム、バターなどの加工用乳ですが、一部はLLミルクとして長期常温保存可能なため、主に業務用として生産流通されているようです。

 今回は、雪印メグミルクさまから福岡県フードバンク協議会経由で寄贈の申し出があり、当フードバンクはもったいない精神で500ケース(業務用1ℓ12個入)総量5.6トンものミルクを福岡工場まで出かけて受領しました。ミルクは比重が水より重いので、支援先の5団体にも声をかけ車と人を出してもらい、トラック2台、キャラバン1台、ワゴン車・軽など合計9台、12名で受取、運搬しました。支援先団体には積載した分をそのまま持ち帰ってもらうことにし、約半分を城島倉庫に入庫しました。

 賞味期限が1ヶ月弱の7月8日ですので、それまでに希望する団体は希望数をお知らせ下さったうえで、倉庫で引取して下さい。賞味期限が数ヶ月過ぎようが品質にまったく問題はありません。北海道の大地で生産されたミルクですので、廃棄されるより、皆さんの胃袋に入れてあげて下さい。また、倉庫には1kg入小麦粉も多数ありますので、お菓子を作るなり、ヨーグルトを作るなり活用して下さい。

福岡ソフトバンク・ホークスさまから大量寄贈


 6月29日、福岡県フードバンク協議会を通じて、福岡ソフトバンク・ホークスさんからの寄贈です。昨年の大量の「父さんカレー」に引き続き食べ物ではないのですが、「お父さん」マグカップ、ふてにゃんマグカップ、「お父さん」クッション、それにふてにゃんクッションが各約500個ずつ入庫しました。


 非売品でファンへのプレゼント用品らしいのですが、レア品で熱狂的なファンが欲しがる物かも知れません。食品ではなりませんが、メルカリなどを通じての転売も予想されます。それで、この商品に関しても「転売禁止」を強く呼びかけ、希望者・希望団体へ提供したいと思います。受取時は所属団体名・受取人名・それぞれの個数・総数を必ず記帳してもらうことにしております。


 FBくるめとしては、長期間場所を占拠するのは避けたいため、数ヶ月以内に提供を完了したいと思いますので、ご連絡下さい。なくなり次第、提供は終了します。

花王さまから衛生用品の大量寄贈


 7月1日木曜日、福岡県フードバンク協議会の仲介で、先週のホークスグッズに引き続いて花王さまから以下3種類の衛生用品が寄贈されました。


1.ハイターと詰め替えセット 100ケース(600セット, 1,200本) 600kg

2.クイックルJoan 除菌スプレー 100ケース(1,200本) 610kg

3.あとラクミスト キッチン洗剤 100ケース(1,200本) 640kg


 以上合計1.85トンもの重量でした。これは、幅広く活用してもらいたいので、支援団体さんは必要量+アルファをお持ち帰り下さい。


 これも大量にお渡しできますが、転売を防止したいので、引渡時の記録を残したいと思います。ご協力下さい。

みのう農民組合さまからの大量寄贈


 8月10日火曜日、みのう農民組合の佐々木さんから今が旬の沢山の以下の果物・野菜を頂きました。

    白桃: 65.5kg

    プラム: 35.4kg

    梨: 54.6kg

    人参:54.3kg

    ゴーヤ: 8.5kg

    ナス: 8.2kg

 合計 226.5kgでした。


 さっそく子ども食堂やひとり親家庭団体・グループに配分しました。 みのう農民組合の皆さまには、いつも新鮮な農産物を提供して下さり、感謝致します。

上下水道整備工事 完了


 7月末、入口の改修工事と共に開設以来の懸案事項であった城島倉庫&事務所に上下水道、水洗トイレが完備しました。


 昨年個人募金が100万円を越したことから、この度、発足以来の懸案事項であった上下水道の整備を110万円かけて行いました。仮設トイレは常設の水洗トイレになり、今まで自宅に持って帰って高圧洗浄していたコンテナなどの洗い場と倉庫内にも高圧洗浄できるように蛇口を取り付け、2回の事務所の流しまで水道と排水管を延長しました。


 不要になった仮設トイレは、毎年柿の収穫体験会にご協力下さっている相原農園さんの柿畑に設置するため、8月10日に搬出致しました。


 これより毎月約5,000円の水光熱費が加算されますが、何とかやり繰りしてゆきたいと思います。また、戸外のトイレには直射日光が当たらないよう、今後屋根をかけるようにしたいと思います。

8月の記録的大雨で城島倉庫またも浸水被害


 恐らくお盆の中日の8月14日土曜日、西日本と東日本に8月としては記録的な降雨をもたらした停滞前線による大雨で、倉庫のある城島地区はまたも冠水に見舞われました。

 今回は昨年7月の冠水より15〜20cmほど水位が低く、早く引いたようで緊急警報から一夜経った15日朝に見に行った時は、既に引いていました。

 予め水害を予想していたものの、想像以上だったのでガッカリでした。一部の備蓄水が浸かりましたが、冷凍庫、冷蔵庫、玄米保冷庫など機器は予めブロックやパレットの上に嵩上げしていたので、無事でした。


 17日の定例活動日に清掃をします。

浸水被害を受けたスーパーから大量食品寄贈


 市内にあるスーパーも今回も店内でくるぶしを超える浸水被害が発生し、大量の食品廃棄する事態が生じました。2018年と2019年の梅雨末期の大雨で被災して、その時も一部をフードバンクに寄贈して下さりました。今回は廃棄業者に委ねる物と、まだ衛生上十分食用に使用できる食品を私たちフードバンクくるめのために、搬出に便利なように段ボール箱入のままカゴ車約30台に山積みしてして分別して下さっておりました。


 8月16日朝9時過ぎに店長さんからの電話を受けて、大急ぎで人と車を手配し、ひとり親家庭団体ウマウさん、ボランティア連絡協議会の理事達、久留米市と吉野ヶ里町社会福祉協議会の皆さんら約20名のご協力を得て、降りしきる雨の中、スーパーさんからの搬出と城島倉庫までの約12kmをピストン輸送し、午後3時過ぎに無事城島倉庫に全量入庫致しました。忙しい中移送に参加して下さった皆さまに感謝致します。


 入庫後約2週間かけて、食品リスト(メーカー名、品名、数量、賞味期限)を作り、分別棚に陳列しました。

 その結果、総量が4,464kg、320アイテムでした。種類別では、水・飲料品2,424kg、菓子類689kg、麺類とレトルト食品773kg、調味料他578kgでした。

 スタッフと協力者さま、本当にご苦労さまでした。

冷凍コープ・ブルーベリー大量入庫


 8月23日月曜日、福岡県フードバンク協議会経由でコープの冷凍ブルーベリー200g入、1,200パックをエフコープ久留米支所で受取、入庫しました。総量は240kgです。


 冷凍食品ですので、衛生学上、賞味期限は無視して結構です。ただし、-20℃位では氷の結晶が成長して、脱水を起こしますので、数ヶ月を目途にお使い下さい。解凍してそのままヨーグルトのトッピングにする、フルーツケーキに入れる、ジャムを作るなど工夫して活用して下さい。


 障がい者施設などでの商品(クッキー、パンなど)製造には数10kg単位でお渡しします。早めに申し出下さい。